Risa Kokubo

1987年11月22日生まれ。横浜出身。

クラシックピアノを弾いていた母の影響で幼少期からヤマハ音楽教室でピアノとエレクトーンを習う。
小学校のマーチングバンドクラブにて打楽器に出会い、毎日パーカッションの練習に励む。
中学校に入学し吹奏楽部で打楽器を担当。この頃からドラムの楽しさに気づく。
高校に入学。軽音楽部に入部しバンドを結成。ドラムを担当する。
高校卒業後ヤマハ音楽院に入学。ドラム科コースを専攻し、ドラムを今泉正義氏、江尻憲和氏、榎本吉高氏、松原“マツキチ”寛氏に、パーカッションを鈴木裕文氏に師事。
卒業後現在ドラム、パーカッションで様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。YAMAHA、Zildjianエンドーサー。

ピアノ弾き語り田中綾美とドラム小久保里沙による魚顔ユニット『Fish』のドラマーとして
都内を中心に活動中。